赤ニキビ跡にビタミンCは効果ある

ニキビ跡を治すビタミンは

ニキビ跡を治すのにはビタミン、中でもビタミンCが効果が高いっていわれていますよね。
どうしてビタミンCが効果的なのかというと、まず一つ目にニキビ跡というのは、
実はニキビと同じようにその下では炎症が起こっているんです。
だからこの炎症を抑えないと、ニキビ跡を治す事は出来ません。
ビタミンCには炎症を抑える働きがあるので、ニキビだけでなく、ニキビ跡の炎症も
鎮める事が出来るんです。

 

またビタミンCにはコラーゲンを生成を促す働きがあるので、お肌の内側からニキビ跡を
修復する効果があるといわれています。
だからニキビ跡を外からだけでなく、内側からもケアする事が出来るんです。

 

それからニキビ跡の中には、シミのような色素沈着を起こしたタイプがあるのですが
高い美白効果がある事で知られているビタミンCは、この色素沈着を改善する働きが高いので、
こういったタイプのニキビ跡を治すのには、おススメなんです。

 

ただビタミンCのどれもがニキビ跡を治すのに効果的とはいえないんです。
それはニキビ跡というのは、大抵の場合、肌の奥深くにまでダメージを受けている事が
多く、普通のビタミンCだと分子が不安定なので、肌の奥にまで届かないんです。
だから、ビタミンCの中でも浸透性が高いものがニキビ跡を治すのに効果があると
いわれています。

 

それともう一つ。ビタミンCには油溶性のものと水溶性のものとがあって、油溶性だと
油分が入っているので、ニキビ跡には逆効果になる場合があるので、水溶性の
ビタミンCを選びましょうね。